利用しないほうがいいサイト

インターネット上で遊べるカジノ、オンラインカジノには、様々なサイトがオープンしています。

日本では違法性がよく話題になっていますが、日本国内に運営者やサーバーがあるもしくは明らかに日本人向けに用意されたサービスでなければ、グレーゾーンとはいえど合法という見解になっています。

誤って違法なサイトで遊んで「違法賭博」と指摘され罪に問われる、なんて事のないように、利用するサイト自体もきちんと自分で見極める必要があります。

ここでは利用しない方がいいサイトを見極める3つのポイントを紹介していきます。

まず1つ目に、「政府発行のライセンス」の有無がポイントになってきます。

オンラインカジノを運営するには必ずライセンスが必要です。

カジノを許可している国で、かつその国の政府から公式にライセンスをもらっていなければ運営はできないことになっています。

また日本では国営ギャンブルしか認めていませんが、海外政府の発行するライセンスがあれば合法と認識されます。

そもそもライセンスがなければ無許可で営業していることになるので、ホームページ上で公式ライセンスの所持を公開していないサイトは利用しない方が良いでしょう。

一方公式ライセンスを発行している国によっても審査の厳しさが異なります。

イギリス、マルタ共和国、マン島は審査が厳しく評価が高いと言われています。

逆に中南米系の国は比較的簡単にライセンスが取れると言われているため、避けた方が無難でしょう。

2つ目に、「日本人向け」のサイトかどうかを見極めましょう。

上記に述べたように、日本では賭博行為が法律で禁止されています。

オンラインカジノを取り締まる法律は存在していませんが、グレーゾーンなだけに注意が必要です。

例えば、運営元が海外にあったとしても、サイトの表記が日本語のみであったり、プレイ可能時間が日本人の都合の良い時間に合わせられていたり、ディーラーが日本人であったり、ということが理由で検挙された事例が過去にありました。

そのため、日本語表記しかない、ディーラーが日本人しかいない、といった、明らかに日本人向けと捉えられるサイトは利用しない方が良いでしょう。

3つ目に、「提携しているソフトウェア会社」も着目すべきポイントです。

ソフトウェアはオンラインカジノを運営する上でも最も重要と言える根幹部分です。不正プログラムが組まれている場合も考えられます。

そのため、世界中のソフトウェア会社の中でも大手と言われる会社と提携しているサイトの方が信頼できます。

例えば、Microgaming社、playtech社、NetEnt社の3社が業界では代表的と言われており、大手のサイトであれば大体3社のどれかのソフトウェアを導入しているはずです。

これ以外の会社と提携している場合はきちんと調べるか、避けた方が良いでしょう。

オンラインカジノに挑戦する際に利用しない方が良いサイトの見極めポイントを3つ紹介してきました。

・ 公式ライセンスが無い/中南米系の国が発行元
・ 日本人限定のサイト
・ ソフトウェア会社が無名

最低限、上記3つのポイントに当てはまるサイトは、自分の身を守るためにも利用しない方が良さそうです。サイトを検討する際に参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です