ニュージーランド

今回の記事ではニュージーランドのカジノ情報とオンラインカジノ情報について説明して行きます。

まず、ニュージーランドのカジノがある主要都市を紹介して行きます。

ニュージーランドには全部で5箇所の都市に6つのカジノがあります。(オークランド、クライストチャーチ、ダニーデン、クイーンズタウン、ハミルトン)

今回はニュージーランド1有名な北島オークランドにあるスカイシティーオークランドを取り上げて説明して行きます。

ここの人気のゲームはブラックジャック、スロットマシン、バカラの3大ゲーム。ニュージーランドといえば自然の国。多くの旅行観光客が自然を感じに来る際に夜はカジノで大暴れできるような仕組みとなっています。

ここのカジノは世界でも有数の100台以上のテーブルゲームが取り揃えられているスポットです。

世界的にもすごく珍しいのです。 皆さんも一度ニュージーランドに行った際はここのカジノに行くしかありませんね。

ニュージーランドカジノの特徴

ニュージーランドのカジノはとても服装が厳しいです。

絶対にスーツで行かなければならないとっても過言ではないほど、入り口で止められてしまいます。 多くの観光客が長ズボン長袖でお越しになるのを入り口で止めているセキュリティーの方々をおおくめにしてきました。ここもオーストラリアと同様、綺麗目の服装を着た紳士な男性、女性をお見受けすることが多いです。

ローカルな場所になればなるほど、服装などの規定がないかと思いきや、ほとんど変わりません。

特別なルールもとくになく、全店舗共通ルールです。ニュージーランドは物価がとてつもなく安く、日本人にとっては行きやすい国だと思います。 そらに、カジノ内で使われる金銭に関してもそれほどお金を使わないことで有名です。

海外ではあるもののニュージーランドはアメリカやオーストラリアと違ってチップ制度はありません。 なので、チップを意識することなく、大いに弾けることができそうですね。

ニュージーランドもオーストラリア同様、全てのものが大きい、長い、広い。全てがビッグスケールです。

年間の入場者数はなんと東京ディズニーランドの75倍。とんでもないスケールです。

平均年齢
平均年齢は大体30〜50歳です。時によっては60や70歳の人も見受けられました。20歳以上から入場が可能となるので19歳の方々日本と同様(ここはオーストラリアとちがうところ) 20歳が成人のボーダーに設定されているのでお気をつけてください。

ドレスコード
服装は綺麗目の服、例えばタキシードやスーツ、ドレスなどビーチサンダルや短パンなどは問題外です。確実に入り口で止められます。基本、どこのカジノも服装には厳しいです。オーストラリアのようにローカルなカジノなればなるほど、それらの規定は軽くなりません。

入り口で強制退出されるのが嫌なら必ず服装は綺麗なスーツやドレスで行くように心がけましょう。 それが出来なければ行っても無駄です。

クレジットカードが使えるか否か

クレジットカードが使えて便利です。ただし、負け続けて使いすぎないようにしましょう。

こればっかりはどこのカジノもおなじです。

また、ニュージーランドは物価が低いため感覚が麻痺して使いしてしまうケースが多いです。
お気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です