モナコ

“今回の記事ではモナコのカジノ情報とオンラインカジノ情報について説明して行きます。

まず、モナコのカジノがある主要都市を紹介して行きます。

モナコには全部で5箇所の都市に5つのカジノがあります。(モンテカルロカジノ、カフェドパリカジノ、サンカジノ、ベイカジノ、サマーカジノ)
今回はモナコ1有名なモンテカルロにあるモンテカルロカジノを取り上げて説明して行きます。

ここの人気のゲームはルーレット、スロットマシン、バカラの3大ゲーム。モナコといえばセレブの国。物価が高すぎるため、観光客自体は多いが、中間富裕層から富裕層、大富豪、世界中のセレブがここのカジノに集結します。

ここのカジノは世界でも有名なカジノパレードが行われており、世界中のセレブがこのパレードに参加することで有名だ。どれぐらいのセレブかというと、月収約20億がボーダーラインの人たちだ。そんな人生歩んでみたいものですね。

こういったカジノは世界的にも珍しいのです。 皆さんも一度モナコに行った際はここのカジノに行くしかありませんね。

モナコカジノの特徴
モナコのカジノはゴージャス感のある非日常が味わえるとても贅沢なカジノです。

絶対にスーツで行かなければならないといっても過言ではないほど、厳しく甘くみていると入り口で止められてしまいます。

多くのセレブ御用達のカジノだからこそ生半可な気持ちでこのカジノに行くと痛い目にあいそうですね。笑 観光客も富裕層レベルの人しかこないため、みんなそれぞれ「おれを見ろ」と言わんばかりの格好とお財布を持って現れますので、後ろズサリしないように。。笑

カジノパレードに参加する際は他国のカジノ入場者とお話しできる絶好のチャンス。世界でも名の知れたセレブ達との時間を過ごせるかもしれません。

特別なカジノルールはとくになく、ニュージーランド同様、全店舗共通ルールです。

ただ、モナコはニュージーランドと大きく違って物価がとてつもなく高いので、安全で他国の人たちからとても信頼されています。カジノ内での盗難や事件のようなこと一切起こったことがありません。海外にある他のカジノでは暴動や盗難が殺到しているにもかかわらず、モナコのカジノだけはそういった事件が一切起こらないのはやはり、富裕層の集合体といえます。

モナコの特徴はここまで話した内容でおわかりいただけたでしょうか? イメージはついたでしょうか? それほどのカジノに行く際はしっかりとお財布の中は温めていきたいものですね。

モナコはオーストラリアや、ニュージーランドと違って全てのものが大きい、長い、広い。

というわけではなく、全てがゴージャスです。カジノ内部に入らずともゴージャな宮殿や金色の建物などがカジノ周りに集合していてそれをみるだけでも価値があります。 モナコ=高級ですね。

平均年齢
平均年齢は大体40〜50歳です。時によっては20歳〜30歳の人も見受けられました。ただし、モナコのカジノには自国民はいません。

それは法律でカジノへの侵入は禁止されています。それもそのはず、私が訪れた際は外国人しかいなかったのでたいへんおどろきました。

マカオやラスベガスは自国民にも許可してますが、韓国などはマカオ同様禁止です。

ドレスコード
服装は高級色一色といっても過言ではないほどのゴージャスな衣装を着てくる人たちがほとんどです。

セレブのようにゴージャスにして行く必要はありませんが、多少は光り物や金などを用いたアクセサリーで身を飾るのも良いかもしれません。

皆さん、金が大好きで至る所で金が見受けられるのがモナコです。

そんなモナコに行くからには自分自身もモナコに合わしてみるのも悪くないかもしれません。 まさに大富豪の遊びですね。

クレジットカードが使えるか否か

クレジットカードが使えて便利です。ただし、負け続けて使いすぎないようにしましょう。

こればっかりはどこのカジノもおなじです。

モナコは物価が高いため、カジノで当たると日本では考えられないほどの金額になります。

ただ、賭け金もそれなりに高いので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です