マカオ

今回はマカオのカジノについて話して行きたいと思います。

マカオといえばカジノですよね。その収入はラスベガスを抜いて世界1位になったそうです。

ではまずマカオについて軽くお話しします。

マカオは簡単に言うとヨーロッパと中国、ラスベガスを一度に楽しめる場所なのです。

さらに最近では美食の街としても人気がある様です。

その他にも世界に誇る色々なものがここ数年でマカオに誕生しています。

そんなマカオへは日本からたった4、5時間で行けるのです。そんな魅力がいっぱいのマカオ。ではなぜマカオのカジノが世界1位になれたのでしょうか?

もともとマカオにも150年以上も前からカジノは存在していました。ですが全くと言っていいほどお洒落ではなく犯罪なども多かったのです。

だがしかし元ポルトガル領だったマカオが中国へ返還され、その数年後カジノを海外資本に解放しました。

それと同じ時期に中国のものすごい経済成長が重なりました。中国人は「世界一ギャンブルが好きな国民」とも言われているため皆挙ってカジノへ遊びに行きました。

その結果すぐさまラスベガスを抜き、世界1位へ登りつめたのです。

タイミングが上手くあったために起きた奇跡とも言えますね。今アジア圏のカジノの勢いは凄まじいです。日本でもオリンピックへ向け政府が開設しようとしています。

次にマカオのカジノとラスベガスのカジノの違いについて簡単にお話しします。

大まかに見れば一緒ですが少しルールが変わって来ます。

まず帽子です。ラスベガスでは被っていても問題はありません。

しかしマカオではツバ付きの帽子は後ろ向きに被り、顔がしっかり見える状態でないと中へは入れません。

次に最大の特徴とも言えるのがバカラ卓の多さでしょう。

バカラとはトランプを使ったゲームのことでブラックジャックと良く似たゲームのことです。

ブラックジャックでは手持ちのカードの合計数字を21に近づけ、その誤差の数字で争うゲームなのですが、バカラではカード合計の下一桁が9に近い方が勝ちという物です。

マカオではバカラが大半を占め、人気があるゲームです。もちろんラスベガスにもあるのですが規模が違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です