イギリス

今回の記事ではイギリスのカジノ情報とオンラインカジノ情報について説明して行きます。

まず、イギリスのカジノがある主要都市を紹介して行きます。

イギリスにはロンドンだけでも代表的な10のカジノが存在しています。(ヒッポドロームカジノ、)
今回はイギリス1有名なロンドンにあるヒッポドロームカジノを取り上げて説明して行きます。

ここは日本でいうゲーセンやパチンコなどのような感覚で比較的あたりが多く出ることで有名です。

ここのカジノは規制がとても厳しく、パスポートと携帯と財布のみの所持が求められる。

他のものを持ち込んだ場合は最悪の場合、イギリスには今後入ってくることができなくなることも。

飲み物が無料ということもあり、登録者にのみのサービスも充実している。フリーワイファイも完備されており、旅行観光客にとっての回線状況はうってつけの場所ではないだろうか。

イギリスのほとんどのカジノが会員制で24時間後じゃないと入館、プレイすることができないため、カジノに行く際はイギリス入国初日に会員登録を済ませておいたほうがいいだろう。

イギリスカジノの特徴

先酷もお伝えしたが、イギリスのカジノは会員制で会員でない方の入場は不可となっている。

以前、私がこのカジノを訪れた際はフェイクの会員パスを作って来た人が見つかってしまい、強制帰国させられたという現場を目の当たりにしたことがある。

日本人がイギリスに行く際に気をつけておかなければならないのは1人の日本人の代表として日本を飛び出すという自覚が必要である。

また、18歳以上の入館が認められているため、日本と違い19や20歳未満の方でも入館することが可能である。

これにより、日本人学生もカジノを体験できるというわけだ。 2026年に先立って自らカジノを体験しておくのがいいかもしれない。周りの友達をあっと驚かせるテクニックを身につけておいたらとてもかっこいいですよね。

また、イギリスもニュージーランド同様チップがいらないので、チップを払うことを気にせずに遊ぶことができる。

日本人にとってチップは何かと面倒ではないだろうか? 日頃の習慣にないにもかかわらず、チップの額は自分で選べるし、日本人としての気持ちで多めに払わないとと思ってしまいがちだが、そんなことは一切無いので気にせず少量のチップを払おう。

特別なカジノルールはとくになく、ニュージーランド同様、全店舗共通ルールです。

ただ、イギリスはニュージーランドやモナコと大きく違って安全で他国の人たちからとても信頼されているというわけではありません。

カジノ内での盗難や事件のようなことご一切起こったことがありません。

海外にある他のカジノでは暴動や盗難が殺到しているにもかかわらず、イギリスのカジノでは聞いたことがありません。

イギリスカジノの特徴はここまで話した内容でおわかりいただけたでしょうか? イメージはついたでしょうか?

それほどのカジノに行く際はしっかりとお財布の中は温めていきたいものですね。

イギリスはオーストラリアや、ニュージーランドと少額での賭け金でも遊ぶことが出来るのでただ単にカジノで遊びたいって方にもってこいかもしれませんね。

平均年齢
平均年齢は大体30〜40歳です。時によっては40歳〜40歳の人も見受けられました。常に地元の方や観光客で賑わっている印象でした。

ドレスコード
他の国同様にそこまで厳しくはありません。
サンダルに短パンに半袖でなければ大丈夫でしょう。

クレジットカードが使えるか否か

クレジットカードが使えて便利です。

ただし、負け続けて使いすぎないようにしましょう。

こればっかりはどこのカジノもおなじです。

ルールと秩序を守って楽しく遊びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です