アメリカ

今回はアメリカのカジノについて話して行きたいと思います。

まず、カジノと聞いて真っ先に思い浮かべる場所はアメリカ、ラスベガスかと思います。
カジノの聖地といっても過言ではありません。

ラスベガスではホテルや空港などにもギャンブルが出来る場所が設けられており、街全体でギャンブルを楽しむことができます。

日本で言うギャンブルとはパチンコやスロット、競馬などが挙げられます。ですがカジノではスロットはもちろん、トランプを使ったゲームやスロットなど様々なジャンルのギャンブルが楽しめます。

では実際に本場アメリカのカジノのルールなどについて触れて行きたいと思います。

まずどのように賭け事を始めるのか。

パチンコやスロットをしたことがある人ならわかると思いますがまず、現金をチップと言うものへ交換します。これはパチンコでいう玉、スロットでいうコインに当たるものです。

この金額に応じたチップでやり取りを行います。ではどの様にチップへ交換するのでしょうか。

実はゲームをする各テーブルにはディーラーと言われるルーレットを回したり、カードを配ったりする人がいます。まず席に着いたらチップへ変換したい分だけの現金をテーブルへ置きます。

するとディーラーがチップへ交換してくれます。

もちろんルールなどもディーラーから聞く事も可能です。

次にミニマムベットについて話して行きます。

ミニマムベットとはゲームに参加するための最低掛け金のことを言います。

これはゲームだったり会場によっても変わってきます。多くは表示されてありますがディーラーに聞くといいでしょう。

次に営業時間です。

これは驚きの年中無休の24時間営業です。日本で言うコンビニですね。

なので好きな時間にカジノで遊ぶことができます。日本では考えられないことですよね。やはりアメリカはスケールが違います。笑

ですがきちんと年齢制限はあり、21歳未満は入場できません。入場の際に年齢確認が基本的にはあるので注意。

次に服装についてです。

よく海外のテレビや映画に出てくるカジノのシーンでは、みんなドレスやタキシードを着ていてどこか堅苦しいイメージでは無いですか?

ですが実際にはラスベガスのカジノでは服装は自由です。

特に指定はありません。なので気軽に入ることができます。

最後に出る際でのチップから現金への変換方法ですが会場内に両替口があるのでそこで両替する事が出来ます。

会場によってルールは違うので注意して楽しくカジノを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です