ビデオポーカー

オンラインカジノで最も勝ちやすいと言われている「ビデオポーカー」について説明します。

ビデオポーカーは70年代以来、至る所で見かけられるようになり、運だけではなく、テクニックを必要とするゲームが好きなプレーヤーの間で非常に人気を博しています。

冒頭に述べた「オンラインカジノで最も勝ちやすい」と言われているのはなぜなのか?誰もが気になると思いますが、その理由は、基本的なルールや戦略を守り、冷静な決断をすれば、プレーヤーの方が有利になるかもしれないほどハウスエッジの低いゲームだからです。

これほどハウスエッジが低いゲームはオンラインカジノのゲームの中で、このビデオポーカーだけだと言っても過言はありません。

高いRTP(Return To Player)を誇るビデオポーカーは、どんなスロットゲームよりも遥かに高い勝率が見込めます。

ビデオポーカーには大きく3種類の機種があります。見た目はほぼ同じなのですがワイルドカードの有無や枚数が異なり、ハンドの配当も大きく異なります。

「ジャックスオアベター」は、最も人気のある機種です。

ジャックスオアベターはフルペイの機種で、プレイし慣れてる人からしたら、最適な戦略で、バカラなどよりもハウスエッジの低いとても勝ちやすいカジノゲームです。

逆に言えば、初心者の方でも、しっかりと知識をつけ、戦略を練ると勝てる可能性も他のゲームに比べて高くなると言うことです。

「デュースワイルド」は、2がワイルドカードになるタイプのビデオポーカーです。デュースワルイドはフルペイの機種であれば、ジャックスオアベターよりも勝てるビデオポーカーと言われています。

基本的な戦略を使うことによって、ハウスエッジがマイナスになり、プレイヤーが優位に立てる希少なカジノゲームになっています。

「ジョーカーポーカー」は、ジョーカーが含まれ、ジョーカーがワイルドカードとなるビデオポーカーです。

ジョーカーが1枚含まれるだけでフォーカードがよく出るようになります。プログレッシブ機能を搭載した機種も多くあるのが特徴です。

以上が主な3つの種類のビデオポーカーとなります。次に標準のビデオポーカーの基本的なルールを説明します。

ベット後、「Deal」ボタンを押すとランダムに52枚のデッキの中から5枚のカードを配ります。

プレイヤーはハンド(役、Hand)を作るために残すカードを選択し、残りのデッキからランダムに選択されたカードが新たに配られます。

ハンドが出来た場合は払戻し表に従って配当が支払われます。

ビデオポーカーは、プレイヤーにとって非常に勝ちやすいゲームです。皆さんも是非やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です