麻雀

麻雀と聞くとおじさんの遊びだと思いなかなか若い人たちは麻雀をする機会はないですが最近では老若男女老若男女問わず、雀荘に行く人が増えてきました。

麻雀は最初ルールを覚えるのに少し時間がかかりますがルールを覚えてやってみると、だんだんとハマってしまいます。

日本ではリアルマネーの賭け事は禁止されていますが、本物のお金を賭けた勝負が出来るところで勝負をしたい方はこちら↓↓

麻雀とは4人でプレイするゲームですごく頭を使って遊ぶゲームです。麻雀のことを聞いたことはあるけどプレイしたことない人が多いのも事実です。

難しいイメージやおじさんがやるゲームというイメージが強いあまり若い人や女性が麻雀をしているのはあまり見かけませんね。

しかし 実際そんなことはなく最近ではサイバーエージェントの藤田社長が仕事の一環として麻雀を取り入れて企業間麻雀対抗戦を繰り広げています。

麻雀は脳活性化や老化防止ができる健康改善のゲームとして注目されています。

麻雀は四人で対戦して勝者を決めるので4人間での駆け引きやコミュニケーションをとったりと、様々な要素が入っているのが麻雀なのです。

麻雀のルールについて詳しく知らない人もいると思うので下記に麻雀のルールをまとめましたので参考にしてください。

全部で34種類の「牌」という駒を使用します。

各4枚ずつ用意されていて、合計で136枚あります。

「牌」はトランプゲームでいうところの、カードに当たります。

この「牌」を4人にそれぞれ13枚ずつ配り、残った「牌」を順番に1枚ずつ取って捨てるのを繰り返し、「牌」を入れ替えたりして、すべての「牌」が配り終わるまでに、14枚で完成形を作るゲームです。

麻雀は最初に点数が配られ、この点数の増減を競うゲームです。

最終的に、最も点数が高いプレイヤーが勝者となるわけです。

麻雀では1試合を「半荘」というゲーム単位で行なっていきます。その「半荘」の中で、一回ずつの勝負事を「局」といい、そしてこの「局」を複数繰り返し、一回の「半荘」が完了します。各「局」では、勝者と敗者で毎回点数のやり取りが行われます。

半荘が終わった時、最も点数の多い人が最終的な勝者、つまり1位となるのです。

麻雀は歴史の古いゲームだと思われがちですが19世紀の半ばに成立され、20世紀になり海外に伝播していきました。一般的に、伝統ゲームと称されるものの中で、最も歴史の浅いゲームが麻雀なのです。

麻雀はもっともっと奥深い魅力がたくさんあります。若い人や女性でも気軽に遊ぶことのできるゲームですので友達を誘って一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

それはやればやるほど、自分自身で発見したり、実力がついてきたりしたときにわかるものだと思います。

これから麻雀をやってみたいな、そう思う人は是非トライしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です