日本のギャンブルについて

日本のギャンブルといえばパチンコ・競馬・競輪・オートレースと様々あるが日本はギャンブルに対してあまり寛容ではない気がします。

ギャンブルと聞くと悪いイメージを持つ人がたくさんいるのは事実で、悪いイメージがついている理由も明確です。

ギャンブルに依存してしまった人たちがメディアに取り上げられギャンブルの怖さを国が広告しているからです。

確かにギャンブルにハマってしまって周りが見えなくなってしまうことはいけませんが趣味や息抜きにギャンブルをすることはとてもいいことだと私は考えます。ギャンブルに対して悪いイメージがあるのにもかかわらず日本にはたくさんのギャンブル場があります。

さらに統合型リゾート(IR)推進法案(カジノ法案)が衆議院本会議で可決され、参院での審議を経て成立し誘致が大阪に決定しました。

たくさんのギャンブルが日本人の生活にありふれているためカジノができたからと行ってギャンブル依存症の人が多くなるのかといえばそうではないと考えています。

今までにこれだけのギャンブルできる環境があって日本人はギャンブル依存で国が崩壊したかと言われたら決してそうではありません。

一部の人がそうなっただけであって全体的に見たらごく少数の人がギャンブル依存症になってしまっただけなのです。

しかしメディアはごく一部の依存症の人達にフォーカスを当てて大々的にギャンブルは悪だと歌ってしまうためギャンブルのイメージが悪くなっているのが日本のヤンブルの現状です。

しかしこれからカジノが日本にできてよりギャンブルが日本人にとって身近なものになることは間違い無いでしょう。

身近なものになってからギャンブルを始めると乗り遅れてしまうため是非一度どのギャンブルからでもいいので初めて見てはいかかでしょうか。
 
ここで考えなければならないのは、カジノがギャンブル依存性を誘引するものではないことです。

今日本では4・8%の日本人がすでにギャンブル依存症になってしまっています。

日本は公営ギャンブルやパチンコ・パチスロというグレーゾーンの遊戯を含め、ギャンブルがあまりに多く、それが管理されることなく放置されているためです。

そこにカジノができたからと行って数字は大きく変化するかと言われたら、そうでは無いと私は考えます。

さらにカジノ誘致にあたってはすでにギャンブル依存症対策が練られているためよりホワイトなギャンブルになっていくのでは無いでしょうか。
 
長引く不況の影響で、公営ギャンブルもパチンコ・パチスロも顧客の単価を落としているものの、パチンコ・パチスロが19兆円で公営ギャンブルが5兆円。

まさにギャンブル大国なのが日本だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です