競馬

日本中の誰もが、老若男女問わず絶大な人気を誇る競馬。

自宅にいながら競馬を気軽に勝負したいという人はスポーツベッディングを利用しましょう。

日本人スタッフが24時間常駐していてサポート対応力に定評がある10Betがオススメです。

競馬の仕組みや、競馬の何が老若男女を虜にする魅力なのか、知らない人がほとんどだと思います。本記事ではそんな競馬についての簡単な説明をしていきたいと思います。

この辺りはみなさんもTVで見たことのある光景だと思いますが競馬とは簡単に説明しますと、「騎手が馬に乗り、芝やダート、障害などのコースを走り、決まった距離を一番早く走りきること目的としスピードを競い合う競技で、またその馬の着順を予想するもの」です。

馬は時速60〜70キロで走りますので、テレビでは見たことがあるという人はかなり多いと思いますが、実際に競馬場へ行って直接見てみると、リアルに馬が走っているスピード感と迫力は凄まじいものでかなりの興奮を覚えます。

また日本の競馬場は全国に10カ所あり、10カ所の競馬場の中で、関西と関東、それぞれに拠点となる4つの競馬場、4大競馬場が存在します。

その競馬場を「中央」あるいは「中央場所」と呼ぶのです。

関東は中山競馬場、東京競馬場、関西は阪神競馬場、京都競馬場です。

競馬のレースには様々な種類があり、主催の種類、レースを構成するランク、距離、条件について説明していきたいと思います。

早速、競馬の主催について、日本では大きく分けて主催者の異なる2種類の競馬が存在するのです。

「中央競馬」と「地方競馬」と二種類の競馬に分かれますが、「中央競馬」は、日本中央競馬会(JRA)が運営しており、「地方競馬」は、県や市町村など地方自治体が運営しているのです。

次にレースを構成するランクは、大まかにいうとG1を頂点にG2、G3、オープン特別、1600万下(準OP)、1000万下、500万下、新馬・未勝利となり、G1からG3は重賞とよばれます。

オープン特別までがオープンクラスと呼ばれ、そのクラスより下が条件クラスと呼ばれます。500万や1000万と書いているのは、馬の収得賞金です。一勝するとワンランクあがり、どの馬もG1を目指して奮闘しているのです。

距離はレース毎に細かく分かれており。短距離、マイル、中距離、中長距離、長距離と5つに分かれるのです。

次に様々な条件について説明します。

年齢や性別など指定した条件を満たした馬のみ出走できるレースを「限定戦」といいます。

2歳戦や3歳戦、などの年齢に制限をかけ限定されているレースや、牝馬戦といった競走馬の性別に制限をかけてメスの馬限定のレースも存在します。

メス馬はオス馬に比べ少し体力的に劣るのでこのようなレースが存在します。

斤量とは、レースの際に競走馬が背負う負担重量のことを言い、レースによって決め方が異なっています。

馬の性別や年齢によって決まる「馬鈴」というものは全レースで同じ規定がされているのです。

他にも、馬の性別や年齢によって決まる「定量」、収得賞金や勝利数によって決まる「別定」などが様々な規定や条件が存在します。

ハンデというのは、なるべく均等に勝てるように行われるレースのことを言い、過去の成績や、競走馬の背負う負担重量を増減させて、均等にすることを目的としています。

また、競馬の入場料は安く、たった100円から入場することが可能です。競馬内には子供が遊べる遊具も充実していて、中にはUMAJO SPOTという競馬ファンの女性のためのドリンク一杯無料サービスを行なっている施設もあります。

敷居の高そうなイメージを持たれている方もいるかもしれませんが、初心者でも楽しめる工夫があちこちになされています。なので、家族連れやデートでくるカップルがいたり、たまには芸能人も来場するみたいです、楽しめる要素が盛りだくさんですね。

よく「馬券」と言われていますが、これは実は100円から購入可能で意外と知られていないようです。

だから、みんながよく「何千万の配当が出た!」というセリフは実は、100円の馬券が大きな配当になる場合もしばしばあります。

もちろん、一点で、何千万のものを当てるのはかなり確率が低かったりもしますが、いろんな組み合わせの馬券を購入して、結果的に100円の馬券が何倍もの配当になって返ってくるのはよくあります。

大きな配当をもらえる可能性は平等にありますが、組み合わせが大事だったりするので、いろんな組み合わせを試して見ても良いかもしれません。

ここまでは競馬の概要、細かい条件やレースなどの種類についてお伝えしましたが、では競馬の魅力は一体何なのか?について語らせていただければと思います。

「競走馬の個性」を楽しむというのが競馬ファンの中では醍醐味となっております。

馬にも人間と同じように性格があり、様々な個性や性格を持った馬が競い合うのです。

馬の性格に注目するのも競馬の1つの楽しみ方です。

ただギャンブルとして賭けるのではなく馬の個性や性格を観察しながら、これだ!という馬に賭けると違った形で競馬を楽しめると思います。

例えば、馬のビジュアルだけでも特徴が変わり、馬の毛には8種類もあり、中でも白い毛の色の白馬は人気が高く、カメラを向けるとカメラ目線で写真を撮らせてくれるような個性を持った馬もいれば、食事中に触ると怒り出す馬など多種多様で、観察すればするほど馬の個性が発見でき可愛く見えて来ます。

もはや競馬というよりも、そう言った馬の個性を観察しに行くファンもいるくらいで、馬は可愛く、そしてたくましく、観察すればするほどのめり込んでしまうという面もあります。

また、それぞれの馬の血統を調べて見るのも一つ楽しい面なのです。

馬も生物ですので、牡馬と牝馬が交配することで、子供が生まれます。

競走馬の牝馬は引退した後に、繁殖馬となり、牡馬は成績を残すと種牡馬として子孫を残す役目もあるのです。

競走以外の役目が馬たちにはあるので、自分が応援していた馬が子供を産み、応援していた馬からまたその子供が生まれ、その子供をまた応援する。これがまた愛着の湧く瞬間ですよね。

競馬は馬の実力が一番、もちろんそうなのですが、騎手の駆け引きを見るのも楽しいです。

競馬は馬7割、騎手が3割と言われていますが、騎手の馬を操る技術は勝敗に大きく影響し、競走馬の実力を最大限発揮するには騎手の舵取りが必要となります。

様々な戦局を予想するのは何度も競馬を観戦してないと分からないところではありますが、慣れてくると様々な情報収集から当てる確率を徐々にあげることもできます。

競馬ファンにとっては様々な準備をして当てることはたまらない瞬間です。

他にも競馬の魅力はいくつもありますが、もっともっと魅力を見つけたいという人は、一度自分で競馬場に足を運んでみて、違った馬の魅力や自分の応援する馬を見つけて見てはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です