競輪

競馬やパチンコなどは日本のギャンブルでもよく知っている方も多いと思いますが、競輪はよく知らないという人をかなりいるんじゃないでしょうか。

自転車競技を気軽に勝負したいという人はスポーツベッディングで楽しむことが出来ます。

自転車競技にベッドが出来る三大ブックメーカーのウイリアムヒルがオススメです。

競輪は1948年に誕生し、1948年11月20日に小倉競輪場で初めてのレースが開催されました。その後、競輪は売上金の一部で、ものづくりやスポーツ、社会福祉の増進など、社会に役立つ様々な活動を支援しています。

1948年に誕生してから社会に貢献し続けているのです。

2000年シドニーオリンピック、2008年北京オリンピックでは「ケイリン」という名でオリンピック競技の正式種目として採用されており、北京オリンピックでは日本人が銅メダルを獲得しました。「ケイリン」は日本発祥の日本が誇れるプロスポーツとなっているのです。

しかしながら「自転車を速く漕いで、1番にゴールした人が勝ちなんでしょ?」と思う人はかなり多いと思います。

ですが、競輪の面白いところは「速ければ勝てるというわけではない」ということです。

ただ単にスピードを競っているようにも見えてしまいますが、各競輪選手同士の駆け引き要素が強く、競輪の見所であり、試合までに選手たちは勝つための様々な作戦を立て、立てた作戦で多くの選手の思惑や狙いが複雑に絡み合いながら、ドラマチックなレース展開になるのです。

ですからファンたちは競輪に没頭し、初めて見た人も、迫力感、臨場感、スピード感に圧倒され、もっと知りたいという気持ちになります。

競輪の知識を少しでも得れば、ある程度選手の狙いや選手同士の攻防を理解でき、ただ自転車で走っているだけではなく競輪の魅力にどっぷりとハマってしまいます。

そんな熱い戦いを繰り広げる全ての選手たちは皆、頂点の「S級S班」を目指します。

男子競輪では、S級S班を頂点に、S級1~2班、A級1~3班の6つの級班に振り分けられています。

そして、年に2回成績による級班の入れ替えが行われ、成績が悪い状態が続くと、選手登録が取り消されてしまうのです。

この厳しい格付けのため競輪界を去らなければならなくなる場合もよくあります。

このように、日々厳しい戦いの中に身を置いているのが、競輪選手なのです。

「メジャーなスポーツじゃないからすぐ選手になれそう」と思った人もいるかもしれませんが、プロスポーツなので、アスリートとして彼らは凄まじいトレーニングに励んでいるのです。

それを物語るのが彼らの身体です。

競輪選手と聞いて「太ももがゴツい」と想像する人も少なくないですよね。競輪選手の太ももの太さは、選手の強さを表す、とも言われるくらい重要です。太ももは競輪選手の誇りでもあります。

そして、見逃しがちなのが上半身。競輪選手は太ももだけでなく、上半身も鍛え上げられています。競輪選手は、自転車を脚の力だけではなく、上半身の力でハンドルを手前に引き寄せて走っています。そのため、発達している脚力に匹敵するくらいの上半身が必要となります。並みの努力じゃ到底ここまで来れないことが容易に理解できますよね。

身体的な準備もさながら選手一人一人が乗る自転車のメンテナンスも非常に重要で、自転車部品の数ミリ単位での調整を行うのも選手なのです。

そして競輪の世界は、ベテランから新人まで上下関係が一切なく、実力だけで序列が決まる実力社会です。競輪学校を卒業し、国家試験の選手資格検定を受け、それに見事合格することで選手登録されます。選手資格を得た新人選手は、まずA級3班、1番下の階級に格付けされ、一番上の階級を目指してライバルたちと競い合うのです。

ユニフォームとヘルメットは、選手の車番毎に色分けされており、ユニフォームと同様レーサーパンツも車番毎に色分けされているのです。

競輪選手なら誰もが目指す競輪界の頂点、S級S班の選手はユニフォームも特別仕様となっており、観客の方達はそのユニフォームを見つけるのも一つの楽しみかもしれません。

また自分の応援している選手がそのユニフォームに袖を通すこととなれば格別な楽しみともなるでしょう。

凄まじいスピードで走っている競輪選手。そんな彼らを支える自転車は一体どうなっているのでしょうか。

競輪選手のレースで使用する自転車は「レーサー」と呼ばれ、それぞれの選手に合うように全てのパーツから完全なオーダーメイドで作られているのです。

レーサーは、選手と一体化して走るためだけに作られたマシーンなのです。ではどのような仕様で作られているのでしょうか。

レーサーにはブレーキがなく、コースを早く走るためだけに作られる自転車なので、スピードを最大限に出すためのもの、つまりブレーキが必要ないのです。スピードの調整は選手の足の力だけで調節します。

フレームは、鉄で作られ、一台一台ビルダーと呼ばれる職人が手作業で作り上げていきます。ですので、レーサー一つ一つのフレームまでもが世界にたったひとつであり、同じものは世界中どこを探しても存在しないのです。

タイヤは、外径は675mm、太さは22mmです。

イマイチイメージが湧かないですが、走路との接地面を小さくすることにより、摩擦を減らし、速く走るための工夫が施されているのです。

このように選手はレーサーと一体で、GPに向け、一年かけてライバルたちと競い合い切磋琢磨して戦い続けるのです。

全てのレースは競馬にも似ていますがGP、GI、GII、GIII、FI、FIIの6つのグレードに格付けされており、毎年12月30日に行われる、KEIRINグランプリを頂点に、どのレースもドラマチックな展開を観戦することができます。

競輪はとても厳しい世界で、激しいランク争いがあり、その中で生き残るために毎日選手たちは努力しているということがよくわかります。

そんな彼らの戦いを、直接観戦し体感していってみてはいかがでしょうか。

直接見れないという人は是非ともウイリアムヒルで楽しむようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です