ま行

ミニマム・ベット(Minimum Bet)
テーブルリミットの下限。 1ゲームにおける賭け金の最低必要額。

マーチンゲール法(Martingale Method)
ブラックジャック、ルーレットの赤黒など、配当が2倍以上あるカジノゲームで、さらに勝率も50%以上ある場合にもかかわらず運悪く負けたときに賭け金を2倍にして負け分を取り戻す賭け方のことを意味します。

マルチプライヤー(Multiplier)
ボーナスシステムで、勝つと毎回増える倍額ボーナスのことでスロットに使われる。

マーカー(Marker):
マーク(印)をする為の道具にことを意味します。 ルーレットでは当選番号の上に置いてマークしますがゲームによって様々なマーカーがある。

マーキング(Marking):
チーティングの一つで自分だけが分かる傷や印をカードにつけることで、伏せられたカードでもその中身を知ることができる

マキシマム・ベット(Maximum Bet):
テーブルリミットの上限で 1ゲームにおける賭け金の最高限度額のことを意味します。

マルチハンド(Multi Hand):
ブラックジャックなどで、1人のプレイヤーが複数のボックスを使ってプレイすること。

マルチプライヤー(Multiplier):
スロットに使われるボーナスシステムで、勝つたびに増える倍額ボーナスのこと。

麻雀(Mahjong)
4人の対局者が136個の牌(パイ)をルールに従って組合せて得点競って勝敗決めることを意味します。

モンテカルロ法(Monte Carlo Method)
配当が3倍以上のゲームでの攻略法。紙に1・2・3と書き、両端の数字を足した4が最初の賭け金となる。負けた場合は数字を1つ増やし、1・2・3・4とし次の賭け金は1+4で5になる。負けが続いた場合はこの流れで賭け金が6,7・・・となっていき、買った場合は両端から2つずつ数字を消す。勝った時に数字が1つだけ残るか、無くなってしまった時はそこで終了してまた最初から始める。

マッキング(Mucking):
チップを拾い集める技法のことを指し、 ルーレットなどで散らばったチップを色分けしながら拾い集めるために使う。 またその人を「マッカー」と呼ぶ。

ミニ・バカラ(Mini Baccarat)
アメリカンバカラとも呼ばれ、バンカーを引き受ける参加がなくてもバンカーサイドに賭けることができるスタイルのバカラ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です