オンラインカジノ注意点

カジノが日本にも徐々に浸透している昨今、オンラインカジノをプレイする日本人プレイヤーもそれに伴い、徐々に増えてきています。

そこで、今回は、オンラインカジノを楽しむ上での注意点について述べていきたいと思います。

先ほども述べたように、時代に伴い、気軽にカジノを楽しむことができるオンラインカジノが日本に徐々に浸透してきています。

ですが、国内では、法律的にはまだ賭博行為が了承されているわけではありません。

日本人がオンラインカジノ上で、賭博行為が行えているのは、カジノ自体が合法である国の企業によりオンラインカジノを運営しているからです。

日本は世界で最も安全な国として、知られています。

ですが、視点を変えてみると、平和であることが当たり前で、危険を知らない温室育ちな国という捉え方もできます。

事実、適切な運営を行っていない悪徳オンラインカジノも世の中には沢山あり、日本人をハメようとするオンラインカジノも沢山あります。

そのため、我々日本人は、オンラインカジノをプレイする際には、しっかりとした会社選び、オンラインカジノを選びをしなければなりません。

先ほど数多くの悪徳オンラインカジノが存在していると述べましたが、具体的に手口としては、払い戻しがスムーズでなく時間と手間がかかったり、ゲームのバグが多かったり、勝てないようにゲームを弄っていたり、何かにつけて勝手に凍結したり、問い合わせても応答がなかったりと様々です。

まず、オンラインカジノを始める前に、必ずそのオンラインカジノが「ライセンスを取得しているかどうか」を確認してください。

基本的に、政府発行のライセンスを取得していない企業はオンラインカジノを運営することができませんし、取得せずオンラインカジノを運営している企業は非合法なため、必ず悪徳商法をしかけてきます。

また、中南米のライセンスなど、審査基準も甘く、お金を出せば取得できるライセンスなども存在しますので、どこのライセンスを取得しているか確認するのも非常に大切です。

参考までに、マルタ共和国やキュラソー政府発行のライセンスは業界内でも信頼度が高く、これらのライセンスを取得しているオンラインカジノは安心して利用してもいいと断言できます。

また、意外と知られていない事実が、オンラインカジノにおいて、勝った際にもらえる賞金には「税金がかかる」ということです。

具体的に言いますと、オンラインカジノでの収入は、「一時所得」という扱いになり、これは懸賞や福引の賞金品、競馬や競輪の払い戻し金ということにあたります。総収入ー収入を得るための支出ー特別控除額(年間最高で50万円)で一時所得として算出できますので、参考までに覚えておくと便利です。

オンラインカジノはすぐに始められるのが利点でもありますが、一方、このような知識もなしに始めてしまうと、後々痛い目に合うこともしばしばあります。ですので、これから始めたいな、とお考えの方はしっかりと注意するべきことを覚えておいた方が良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です