ハーフストップ法

“カジノやオンラインカジノなどのギャンブルで一番多くの人が利用している攻略法といえば「ハーフスットップ法」です。

オンラインカジノを始めたばかりの人からすればあまり聞き覚えのない手法かもしれませんがオンラインカジノ利用者からするととても有名な手法で誰しもが使ったことがある手法です。今日初めて知ったあなたは是非一度利用して見てはいかかでしょうか。

ハーフストップ法はオンラインカジノやカジノだけではなくてパチンコや競馬などのギャンブルにも使用することができるためまだオンラインカジノはやったことないけどパチンコなどのギャンブルはやったことがあるあなたでも今回の記事は見てほしいなと思います。

ハーフストップ法は名前の通り半分で止めるという意味でこの攻略法は50%の利益を確保できる手法と言われています。

上記でも少し述べたようにハーフストップ法はたくさんの人が利用しています。その一番の理由は攻略手順がすごく簡単であることです。

攻略手順は、「最高利益の時に利益の半分を確保しておく」それだけです。

そのあとも辞めずにかけ続けていき、その半分で賭け続けて負けた場合は「純資産の半分」を確保して終了するということです。

ギャンブルをやるにしてもオンラインカジノをやるにしてもギャンブルをする上で一番重要なのが引き際を先に決めておくということです。

引き際を決める際にハーフストップ法を利用するギャンブラーがたくさんいます。

すごく簡単なのでオンラインカジノでプレイする時は実戦するのも面白いのでしょう。

例えば、最初1000ドルから初めて、2000ドルまで増やせた場合そこでもしやめれば1000ドルの利益ですがそのまま賭け続けて儲けた額が減っていきます。

しかし、2000ドルまで増やすことができたという成功体験が根強く残っているので、その額まで取り戻そうとして、ついつい掛け金が大きくなってしまいます。

そのようないわゆる暴走を防ぐために最大利益の半分の利益になったらゲームをやめるというものです。

ハーフストップ法を続けることでギャンブルをしてる人誰でも感じたことのあるあの時にやめとけば良かったと後悔することがなくなります。

オンラインカジノをやっているとつい熱くなってしまう人もいるので冷静にゲームを楽しむならこの手法はすごくおすすめです。

ハーフストップ法のメリットは三つあります。一つ目はオンラインカジノだけではなく丘のギャンブルにも使うことができます。

二つ目は、賭けた金額の半分は必ず残るため損失額を大幅に減らすことができます。三つ目は、ゲームの流れを冷静に読むことができるのでやめどきがわかることです。

メリットもあれば当然デメリットもあります。ハーフスストップ法の二つのデメリットは、負けている中でもっとプレイしたいという気持ちを抑えなければならないこと、二つ目が賭けた金額の半分になってしまうことです。

ハーフストップ法を利用する上で一番大事なのは持ち金が半分になった時自分に言い聞かせて途中で止めることができるのかです。

ハーフストップ法は何のゲームでも使えるので必勝法の中でも自由度のきく必勝法で、初心者にも簡単に使用することができます。

ギャンブルをやっていると時によっての利益や損失額は全く異なるためそれを安定させるためにハーフストップ法を利用して後悔のなくすことができるかもしれませんね。

やめ時が分からず、あと一回で逆転できると信じてしまい所持金が底をついてしまわないようにハーフストップ法を利用してゲームを追いすぎて利益を失わないように、ぜひ1番お試しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です