グッドマン法

グットマン法はかなり単純な作業を行うことで比較的精度の高い必勝法と言われています。

グットマン法は初心者から熟練者まで幅広い層に親しまれている手法なのでこれからオンラインカジノを始める人も試しに是非一度利用して欲しいです。

オンラインカジノでグッドマン法が使用できるゲームはバカラ、ブラックジャック、ルーレットなどの勝率が約50パーセントで配当が2倍以上のゲームが該当します。

オンラインカジノを長く遊びたい時やゲームの流れを把握したい時にグッドマン法がオススメです。

最大チップが5と設定しているため大勝ちを期待することはできないため短期決戦には向きません。

もし配当が少ないと感じるのならば元々の倍率を少し上げることをオススメします。また、別の手法とうまく組み合わせながら戦略を立てて自分なりのカスタマイズした手法を使ってオンラインカジノで遊ぶのも良いかもしれませんね。

グットマン法はオンラインカジノをやっている際に連勝する場面に出くわした時に利用する手法で、連勝した際に掛け金を「1,2,3,5」と増やしていき4連続で「1,2,3,5」と賭けることができればそのあとは5を賭け続けていきます。掛け方がk待っているため1,2,3,5法とも呼ばれています。

もし途中で負けてしまったら最初の1からかけ直していく流れになります。

もし2連勝をして3回目で負けると利益は0になるのですが損失は出ないため安心して賭けることができます。2連勝以上することができれば確実に負ける事はなく逆に勝ち続けることができれば効果がどんどん大きくなっていくので作業は単純ですがとても効果的な手法です。まだオンラインカジノを始めたばかりの人や大敗は避けたい人にオススメの守りの戦法になっています。

グッドマン法のメッリトは上記で少し述べたように、グッドマン法はかなりリスクを抑えることができるため余程運がない人が何かトラブルが起きない限りは大きな負けはないと言い切れます。

さらには、勝った時にのみベットを増やす方法である為、連敗時の損失を最小限にできることは大きな利点でしょう。グッドマン法では勝率は低くなってしまいますが利益がでる見込みがあります。

もう一つのメリットとしては、守り型のベット方法なのでボーナス条件を確実に消化していく場合や、資金をより確実に積み上げていきたい場合に効果を発揮します。

グッドマン法のデメリットは大きな一発をオンラインカジノで狙っているギャンブラーには向きません。なぜなら、連勝を続けない限り資金は増えていかないためです。コツコツ継続しながら資金を稼いでいかなければならないため継続性と耐久性が必要になってきます。

最初から大敗したくない人や慎重な人にはこの手法はすごく向いていると思います。ローリスクローリターンで勝負したい場合には有効です。是非一度試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です