31システム

31システム投資法は、ギャンブルの攻略法で別名「2連勝法」とも呼ばれます。その名前のとおり、2連勝さえすれば利益が出るというものです。

やり方さえ把握すれば初心者でも使えることやローリスクな方法のため低資金の方でも安心して遊ぶことができます。

はじめに31ドルを用意して賭け金を1,1,1,2,2,4,4,8,8というふうに9回分に分け、この9回分を1サイクルとして進めていきます。

2賭け金の数を足すと31になるため、「31システム法」と呼ばれています。

連勝した時点、もしくは9回戦終了時点で1セットが終了します。利益の大きさは状況により異なりますが9回勝負のうちどこかで2連勝すれば必ず残高が残ります。2連勝できなかった場合でも賭け金の31ドル以上は負ける心配がありません。

ただし、全9回賭ける場合は前半勝っていたとしても後半に負けてしまう可能性があるため利益が出た時点(2連勝または3連勝)で1サイクルを終了させることをオススメします。

ただし、8回戦目の「8」の賭け金で負けた場合には、9回戦目で勝ってもプラスにはならないので注意してください。

31ドルのみの賭け方ではなく、例えば5ドルから賭け金を始めるとすると5, 5 , 5, 10 , 10, 20, 20, 40, 40というふうに応用が可能です。この際も155ドル以上負けることはないのでゲーム前に最大損失額の予想が可能です。

31システム法は上述した通り初心者でも「31システム法のベット表」を見ながら進めることが可能です。

また、オンラインカジノ攻略法として有名なマーチンゲール法やパーレイ法のように投資金額がだんだん増えていくようなリスクがなく、失敗したとしても一定の31単位の損失で済みます。

ギャンブルをしたいが低資金の準備しかない方には資金管理を自己コントロールできるメリットがあるためオススメです。

31システム法が有効なゲームは「ルーレット」「ブラックジャック」「バカラ」などの勝率が50%の二倍配当のものです。

とくにルーレットは勝率50%になる賭け方がいくつかあります。たとえば赤か黒か、奇数か偶数かなどいくつもあります。

この場合、ルーレットはヨーロピアンルーレットがオススメです。ヨーロピアンルーレットは36までの数字以外に0が存在するのみで、限りなく勝率50%に近い中で遊べます。アメリカンルーレットになるとここに00が追加されるため、その分、勝率が下がってしまいます。

もし31システム投資法で遊ぶ場合にはヨーロピアン方式のもので遊ぶのがオススメです。逆に獲得額が変動する「スロット」や「ビデオポーカー」では31システム法を使うのは難しいと言われています。

ギャンブルでは昔から多くのギャンブラーが研究に研究を重ね、さまざまな攻略法を編み出してきました。その中でも「31システム法」は「グランマーチンゲール法」や「ココモ法」のような圧倒的な勝ちや一発逆転が狙えるような方法ではありませんが、こつこつとゲームを楽しんでいくことができるので試してみる価値は充分にあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です