2in1法

2in1法はモンテカルロ法やウィナーズ投資法など効果的な必勝法のうちの一つです。

2in1法はオンラインカジノをやっていて最初の負けた金額を1回で取り戻すのではなく、数回に分けて取り戻す必勝法でとても効果的です。

訴求力を高めるために一回で負けた金額を取り返そうとするのではなく長い目で見ることによって確率は大数の法則により収束していきます。

2in1法の効果を簡単にまとめると、2回の負けを1回の勝利で取り戻す方法で、期待できる勝率が、もし三分の一であっても負けた金額を取り戻すことが出来る。

あとは、負けた金額を列にしてその両端の合計金額を賭けていけば2in1法をうまく利用して掛け金をしっかりと回収しましょう。

2in1法のメリットは2点あり一つは、比較的賭け金が増えてしまうのを抑えられることができます。

もう一つは、数列が全てなくなったらとしたら損失を全て回収できます。

失った掛け金を取り戻すための必勝法は様々ありますがマーチンゲール法をはじめとした1勝だけで残額の損失額を取り戻す手法は取り戻せればいいですが資金を失ってしまうリスクもあります。

しかしながら2in1法は賭け金の増大を抑えながら損失を段階的に取り戻すことができるため比較的リスクを負わなくても掛け金の損失を回収することができるでしょう。

さらに数列を全て消すことができれば一周が終了となるので残りの数字の数であと何勝すればいいか一目で確認することができます。

2in1法のデメリットとしては2点あり、勝ち負けが交互に続いてしまった場合は利益が伸びなくなってしまうという点と連勝したとしても利益を得ることは難しくなっています。

2in1法は連続で負けてしまった後に2in1法を使い勝つことで効果を発揮することができるのですが上記でも少し述べたように勝ち負けが交互してしまうと利益が出ないため、定額賭けしているのとあまり変わらない結果となります。

また2in1法を使って勝ち続けたとしても数列が消えてしまえば掛け金は変わらないため結局勝ちが続いても利益を得る効果はできません。2in1法は利益を伸ばすことのできるバーレー法とうまく組み合わせて使用するとより効果が出るでしょう。

では実際に2n1法の手順について学んでいきましょう。

最初のステップは「1」を賭けます。 負けた場合は紙に「1」と書き、次も1を賭けます。また、負けた場合は[1,1]と書いて、両端の合計2を賭けます。

もし4連敗してしまえば「1,1,2,3」となります。次も同じように両端の数字を合計して「4」を賭けます。

先ほどは負け続けた場合の手順で勝った場合は両端の数字を消してから、残った数字の両端を足した数字を賭けます。

3回目で「4」を賭けて勝った場合は両端の数字を消すと「1,2」となり、両端の数字を加えると「3」となります。

ですので次に賭ける数字は「3」になります。この手順のように2回負けてしまったとしても1回勝つことができれば勝率が3分の1 であっても、損失は0になるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です