10パーセント法

10パーセント法はオンラインカジノだけでなくFXや競馬などにも良く使われている資金管理方法です。

10パーセント法は連続で勝利することでの利益は非常に大きくなります。10パーセント法は名前の通り、賭け金を常に自分の持ち金の10%として賭ける方法です。連続で勝利している時は、利益は大きくなり、連続で負けているときは資金の減少は緩やかになっていきます。

オンラインカジノをやるうえで10パーセント法利用することは勝率を上げるためにぜひ使って欲しい必勝法です。

非常に有効的な手段でありオンラインカジノ初心者から熟練者まで誰でも使うことのできる必勝法になっています。

10パーセント法は資金とベット額の調整が自由に効くのでとても使い勝手がいい手法なのです。

オンラインカジノにあるルーレット、バカラ。シックポー、ブラックジャックなどの配当が2倍のゲームで10パーセント法を利用してプレイします。

10パーセント法の使用方法はとても簡単で資金の10%を最初の賭け金額として初めていきます。

オンラインカジノをプレイしていて 勝ち負けにかかわらず、残金の10%を賭け続けるというとてもシンプルな手法になっています。

10パーセント法を使用した場合、例えば資金が200ドルの場合は、最初の掛け金は20ドルです。勝った場合は合計で220ドルとなるので次は22ドルになり負けた場合は190ドルとなるので次は19ドルとなります。

オンラインカジノの場合、ブラックジャックやバカラでは小数点以下は難しいですが、ルーレットだと$0.1が使えますのでルーレット向きの攻略法ともいえます。

10%法(テンパーセント法)には二つありまして一つ目はもし10パーセント法を使って賭けていれば連敗したとしても損失額を確実に抑えることができます。二つ目は連勝すればするだけ利益率は高くなります。

10%法(テンパーセント法)のデメリットは一つだけあります。10パーセント法を使用すると勝率が五分五分の結果の場合は効果が発揮しなくなります。

最後に10%法(テンパーセント法)の特徴を二つ紹介いたします。10パーセント法は、オンラインカジノだけでなく様々なギャンブルで利用することのできるカジノ必勝法になります。ゲームでも扱うことができる非常に応用が利くカジノ必勝法です。

10パーセント法の主な特徴は3つあって一つは絶対に資本金の10パーセントしか賭けないので計画的に資金を運用することができます。二つ目は、10パーセント法は主に長期戦向けの必勝法なので長くオンラインカジノを楽しむことができます。

10パーセント法は、ゲームをやっている中で勝ちが続いている時には賭け金を増加させ利益を高めることができます。

さらに負けが続いてしまったとしても賭け金を減少させることができるため損失額を抑えることができます。

絶対に守らないルールは一つだけで使用する賭け金は資金の10%。これだけを守り計画的に資金を運用することができればオンラインカジノでも楽しく稼ぐことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です